本文へジャンプします。


現在位置:> > > 年収別に作戦が必要! 「節約」と「増やす」のベストバランスの取り方

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

年収別「節約」と「増やす」のベストバランスの取り方

年収別に作戦が必要! 「節約」と「増やす」のベストバランスの取り方

年収別に作戦が必要! 「節約」と「増やす」のベストバランスの取り方

ひとくちに「節約する」「増やす」といっても、すべての人に共通する方法はありません。
当然、年収が違えば、何を優先的にやるべきか、どこに注意して家計管理をするべきかその方法は違います。そこで、今回は年収300万円、400万円、500万円を例にあげ、それぞれの年収別に「節約」と「増やす」のベストバランスの取り方をご紹介。どのように家計管理をしたらよいのかわからないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

<目次>
年収300万円の人は…
年収400万円の人は…
年収500万円の人は…

年収300万円の人は、支出にメリハリをつけて予算化を!

年収300万円は年収別統計の中でもっとも多い金額とされています。つまり、これからの世の中は、年収300万円がスタンダートになるともいえます。

年収300万円というと毎月の手取り収入は20万円程度。1人暮らしをしている場合、生活にゆとりが持てないかもしれません。年収300万円の人が上手に家計管理をするためには、予算管理をしっかり行い、収入の範囲内で暮らすことを心がけること。毎月お給料が入ったら住居費や食費などの日々の生活にかかる「生活費」と冠婚葬祭や旅行、電化製品の買い替えなどにかかる「臨時支出」に分けて考えましょう。

そして、年収300万円の人がお金を貯めようと思ったら支出のメリハリをつけることが重要。生活費の中で「使いすぎ」「減らせそう」と思う費目について節約することを心がけましょう。どの部分を節約するのか悩む場合には、自分が優先させたい方を残すとよいでしょう。

ただし、お金を貯めることに意識が向くあまり、食費を削りすぎるなど、あまりにストイックになりすぎると続かないので、しっかりと予算をとるべきところはとって、減らしても支障のないところは思い切り減らすなどメリハリをつけた予算を組むことが大切です。

また、1回ずつの支出が意外と大きい臨時支出は、1年分で大きな金額になります。家計がギリギリの状況だとこうした臨時支出が発生した場合にはすぐに家計が赤字になってしまいます。臨時支出についても1年分の臨時支出代を書き出してみて、それを12ヶ月で割り、毎月の家計の中に予算として組み込んでおくとよいでしょう。

生活費口座と貯蓄口座を分けモチベーションアップ!

少ない収入だから貯蓄しなくてもいいかというと、そういうわけにもいきません。いつ病気や怪我によって働けなくなるかわかりませんし、急なリストラにあうことだってあります。たとえ順風満帆だとしても、人生を生きていくためには何かとお金がかかるので、貯蓄をしていく必要はあります。貯蓄の目安は生活費の6ヶ月分〜1年分程度。お給料が20万円の人だと、最低でも120万円の貯蓄はほしいところです。

とはいえ、少ない収入の中で貯蓄していくためには、それなりの工夫が必要です。おすすめは、銀行口座を「生活費用口座」と「貯蓄用口座」に分ける方法。生活費用口座と貯蓄用口座を分けることで貯蓄口座の金額は目減りせずに、少しずつでも増えていくのでお金が貯まっていることを実感でき、モチベーションを維持できるでしょう。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック