本文へジャンプします。


現在位置:> > > 同じ共働きでも差がでる「貯まる財布」と「貯まらない財布」その違いは?

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

「貯まる財布」と「貯まらない財布」の違いとは

同じ共働きでも差がでる「貯まる財布」と「貯まらない財布」その違いは?

同じ共働きでも差がでる「貯まる財布」と「貯まらない財布」その違いは?

年々、サラリーマンの平均給与が低下する中、共働き家庭が急増しています。共働きは、夫と妻で家計を支えることにより家計が安定する一方、収入の入り口が2つになるので家計に無駄が発生しやすいという一面もあります。また、日々忙しく時間に追われている共働き家庭は、家計管理がずさんになる傾向に。相手が貯蓄してくれているだろうと思っていたら、お互いに好きなように使っていて結局全然貯蓄ができていなかった!というケースもよくある話です。
そこで、共働き家庭の様々な家計管理の特徴を取り上げ、忙しい共働き家庭でも着実にお金が貯まる家計管理方法をご紹介します。

<目次>
一番貯まらないのが「それぞれの財布型」
夫婦間のトラブルを招きやすい「全額負担型」
お金の流れが把握しやすい「共通財布型」
夫婦でライフプランについて話しあおう

まずは、家計管理のパターン別にメリット・デメリットを見ていきましょう。

一番貯まらないのが「それぞれの財布型」

正社員同士のカップルで一番多いのが、夫婦それぞれの財布で家計を管理する「それぞれの財布型」。
この方法は夫婦共通のお財布はつくらずに、住宅ローンと食費は夫、食費と水道光熱費は妻、といった具合に予め分担する項目を決めて各自が負担する方法です。貯蓄も各自で行います。
この方法はお互いに自由になるお金が多く、お小遣いという面からは不満がたまりにくいですが、一方で相手の支出について無関心になりがちになり、一緒に家計を管理するという意識が希薄になります。そのため、実は収入が多い割に無駄な出費が多く、貯蓄も思うようにできていないというのが「それぞれの財布型」に見られる傾向です。

夫婦間のトラブルを招きやすい「全額負担型」

夫が正社員で妻が派遣社員、もしくはパートのカップルに多いのが「全額負担型」。
この方法も夫婦共通のお財布はつくらずに収入の多い一方が住宅ローンや食費といった固定費や生活費全般を全額負担する方法です。お小遣いや貯蓄は各自のお財布で管理します。収入差が多い夫婦には有効な方法といえますが、負担が多い方に不満がたまりやすく、夫婦間のトラブルを招きやすい傾向にあります。
また、負担が少ない方が家計負担が軽い分を貯蓄に回してくれればよいのですが、貯蓄そっちのけで使ってしまうタイプだとお金は全然貯まらない傾向にあるようです。

「それぞれの財布型」も「全額負担型」も夫婦で共通のお財布をつくっていないのでお互いにお金の流れを把握できていないことが最大のデメリットといえるでしょう。

【注目トピックス】


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック