本文へジャンプします。


現在位置:> > > 世代別で作戦を立てよう!お金の貯め方・増やし方

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

世代別のお金の貯め方・増やし方とは

世代別で作戦を立てよう!お金の貯め方・増やし方

40代の人のお金の貯め方・増やし方

40代は、住宅ローンの返済に教育資金と、家計は支出先行の「使いどき」です。一生のなかでも家計のやりくりがとてもきびしい時期です。子どもが高校生、大学生になると、教育費にかかる費用がグンと増えます。多くの家庭で、年収の4割近くが教育費に費やされるという調査もあります(日本政策金融公庫調べ)。
家計は一番苦しいですが、ここがふんばりどころです。貯蓄のペースは落ちると思いますが、老後資金のコツコツ投資はなんとか継続できるようにしておきましょう。

少額投資なら、「お小遣いでできちゃう!?1,000円〜5,000円以内でできる初心者向け投資とは」の記事もご参考くださいね。

50代の人のお金の貯め方・増やし方

50代は、やっと住宅ローンの返済も、教育資金にもゴールが見えてきたという人もいることでしょう。人生最後の貯めどきは、子どもが独立して、教育費が不要になった時。子どもの独立後も、リタイアすることなく共働きしていれば、老後資金を増やすチャンスです。定年までに、手取り収入の3割を目標に貯蓄をしましょう。また、子供の生活費等の支出がなくなる分生命保険の死亡保障額をこれまでより小さく出来ます。保険料が浮いたらこれも老後資金にあてましょう。

そして老後も目の前です。足りない分を資産してみて足りない分を投資で備えておきましょう。その際には、資産を安全に管理していく工夫が大切です。元本割れや大きな損失があるような商品は避けるとよいでしょう。

老後資金っていくら必要?と思った人は「総額1億円!? 老後までに貯めたいお金の計算式」の記事もあわせてどうぞ。

まずはコツコツと、お金との付き合い方を学ぶ

誰もが、一生の付き合いとなるお金。お金をどんどん貯められる時期もあればたくさんの出費を耐え忍ばなければならない時期もあります。大切なのは貯められる時期を知り、そのとき積極的に「貯める」「増やす」のバランスをとりながら将来の出費に備えること。また、我が家の3大支出のバランスをみて各々予算を決めることです。

一番大切なのは、無理のない範囲で今すぐ始めるということです。そして、少額でもよいのでコツコツと「続ける」ということ。出費についてもシンプル・優先順位をつけましょう。お金は楽しんで生活するためのあくまで「手段」。上手につきあいたいものですね。


■引用元
(*1)https://www.mizuhobank.co.jp/rate/deposit.html

<前へ   1  2  3 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック