本文へジャンプします。


現在位置:> > > 世代別で作戦を立てよう!お金の貯め方・増やし方

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

世代別のお金の貯め方・増やし方とは

世代別で作戦を立てよう!お金の貯め方・増やし方

世代別で作戦を立てよう!お金の貯め方・増やし方

「お金を貯めたい!増やしたい!」と思っている人は少なくないはず。でも、どうやったらよいのか、方法がわからないことが多いのが現実。
そこで今回は、世代別のお金の貯め方・増やし方のポイントを解説。お金とは一生に渡る長い付き合いをします。お金をどんどん貯められる時期と増やす時期を捉えて戦略的なマネープランニングをたてましょう。

<目次>
お金の貯め方、増やし方の基本ルール
20代の人のお金の貯め方・増やし方
30代の人のお金の貯め方・増やし方
40代の人のお金の貯め方・増やし方
50代の人のお金の貯め方・増やし方

お金の貯め方、増やし方の基本ルール

「お金を貯めたい」と思っていても、なかなか実行できないものです。「やり方がわからない」「収入が増えないと難しい」など、理由も人それぞれでしょう。

お金を増やして貯めるには「節約をする」「収入を増やす」「運用して増やす」という3つの方法しかありません。この方法をバランスよく取り入れることがなによりも大切です。ただし、頭で理解していてもなかなか行動に移せない人は、お金を貯める仕組み化を取り入れ、習慣化していきましょう。

まず、基本ルールのひとつめは「先取り貯蓄」。毎月のお給料から、先に貯める分を引いてから、残りを生活費にあてるというもの。使えるお金を明確にしておくだけで、必然的に節約にもつながるでしょう。先取り貯蓄額の目安は、手取り収入の2割です。強制的にやるのがポイントなので、天引き貯蓄や自動積立、財形貯蓄などを上手に利用するとよいでしょう。

そしてふたつめは「利回りにこだわる」ということです。今は超低金利時代のため、銀行に預けていても、利息はスズメの涙程度。あまり意識したことがない人も多いでしょう。では、ここで利回りの違いによる利息の違いを比較してみましょう。100万円を利回り(年利)0.01%で10年間銀行に預けた場合の利息は約1000円(*1)。一方、利回り(年利)3%で10年間運用していれば、利息は約35万円。それぞれの利息に対して税金は差し引かれますが、利回りの違いがお金の増え方にどれくらいのインパクトを与えるのか実感できますね。

利回り3%というと「資産運用」を取り入れていくことになります。投資には、預貯金とは異なり、「お金が増えるかもしれないが、減るかもしれない」というリスクがつきまといます。このリスクをどの程度許容できるか把握しておき、長く付き合っていることが鍵となってくるでしょう。

意外と簡単な「株式投資」について、仕組みや基礎知識が知りたいという人はこちらの記事も参考にどうぞ。

長続きさせるコツは自分のライフステージにあわせること

とはいっても、お金を使うタイミングは世代でそれぞれ。なかなか思うように2割の先取り貯蓄ができず、また資産運用をするのに大きなリスクをとることができない時期もあります。目先の「貯める」「増やす」にこだわるのではなく、それぞれのライフステージを長期的に見据えておくことでさらにうまくお金と付き合っていくことができます。基本ルールをおさえながら、「貯め方」「増やし方」のポイントを世代別にみてみましょう。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック