本文へジャンプします。


現在位置:> > > 毎月5万円の投信積立で億万長者になれる!?会社勤めをしながら「投資」で着実にお金を増やす方法とは

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

積立投資で着実に1億円をつくるポイントを敏腕FCが紹介

毎月5万円の投信積立で億万長者になれる!?会社勤めをしながら「投資」で着実にお金を増やす方法とは

毎月5万円の投信積立で億万長者になれる!?会社勤めをしながら「投資」で着実にお金を増やす方法とは

会社員でも億万長者になるコツ、それは、自分が働いてお給料を得ると同時に、お金にも働いてもらうことです。
とはいえ、お金にやみくもに働いてもらってもお金は増えるどころか減ってしまう可能性も。
そこで、個人の資産形成を得意とする敏腕ファイナンシャル・コンサルタントが忙しい会社員でもできる、お金に働いてもらうためのポイントを伝授。毎月の5万円の積立で億万長者になれる方法を学びましょう!


<目次>
会社員でも投資信託への投資で億万長者になれる!
投資信託選びは、「運用力」に注目する!
1億円をつくるための3つの行動とは
マメ知識!大型株と中小型株では手法を変えるのがおすすめ

会社員でも投資信託への投資で億万長者になれる!

高山:私の会社でも多くの会社員の方のご相談にのっていますが、会社員でお金持ちになるなんて宝くじに当たらない限り無理だと思っている人も少なくないですよね。
中桐:そうですね。大半の人が、毎月の給料と数万円のお小遣いをもらい、年2回のボーナスで少し贅沢をして長期の住宅ローンを組んで定年まで返済していく。そんな中で、早々に「会社勤めでお金持ち」になることを諦め、そこそこの暮らしで満足しようとしています。

高山:ただ、その一方で、会社員でも上手に資産を増やし、豊かに暮らしている人もいますよね。
中桐:私は大学卒業後、山一證券、メリルリンチ日本証券を経て、現在は独立系FP会社GAIAで個人富裕層へのファイナンシャル・コンサルタントとして数多くのお客様を担当してきました。お客様の年齢層は30代〜70代まで幅広く、バックグラウンドも多岐にわたりますが、ほとんどが会社勤めの人です。これは私にとっても驚きでした。私もそれまではお金持ちになるには、医者や弁護士などの特殊は専門性を持つか、起業して成功するしかないと思っていました。しかし、普通の会社勤めで特に所得が高いわけでもないのに、人並み以上の資産を築いている方が大勢いたのです。

高山:普通の会社員でお金持ちになっている人に共通していることは考え方とは何なのでしょうか?
中桐:これらの人たちが共通に持っている考え方とは、「投資信託に投資をして運用する」というシンプルなものです。このシンプルな考え方を応用することで、毎月数万円の投資でお金持ちになることができるのです。

高山:会社の持ち株制度を利用して積み立てている人もいますが、持ち株よりも投資信託の方がよいのでしょうか?
中桐:これは、実体験からも投資信託の方がよいと思っています。というのも、私が山一證券に勤めているときに、持ち株を積み立てている人もたくさんいましたが、ご存知の通り、山一證券は倒産してしまいました。それまで積み立てていたお金もゼロになってしまったわけです。勤め先と投資先が一緒なのは両方失うリスクがあると、その時実感しましたね。


【書籍紹介】 会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方
本書は、そろそろお金と真剣に向き合おうと思っている20代〜40代の会社員に向けた、投資の入門書です。株式会社の仕組み、株式投資のルール、投資をする上での心構え、NISA活用法、投資信託のルールなど投資の基礎知識に加え、実践編として長期分散投資で着実に1億円を作る思考法、お宝ファンドの例を現役の敏腕ファイナンシャル・コンサルタントが解説。この本を読めば、なぜ、「毎月の5万円」で億万長者になれるかがわかります。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック