本文へジャンプします。


現在位置:> > > 2014年の夏ボーナスはこう使う!こう貯める!

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

夏ボーナスを使って上手に貯める方法

2014年の夏ボーナスはこう使う!こう貯める!

今年のうちに、来年の消費増税にも備えよう

ここまでで使い道が決まったお金以外で、余裕資金があれば、消費税対策に充てるのも手です。2014年4月から消費税率は8%になりましたが、増税はまだ終わったわけではありません。2015年10月にもさらなる増税が予定されているのです。2014年春の増税は、日本経済にさほど大きく影響しなかったといわれているため、おそらく来年も予定通り増税されることが見込まれます。今度の増税で、消費税は10%になる見込みです。となると、1年前に比べると消費税の負担は2倍です。家計に与える負担は、今年以上に重くのしかかってくるのは間違いありません。そのための準備として、今年のボーナスはとても良いチャンスなのです。

もし、まとまった金額のものを買わなければならないのであれば、今のうちにボーナスを活用して購入しておくというのもよいかもしれません。高額のものほど、消費税の負担も大きくなります。例えば、資格取得を今からスタートして学費を支払ってしまう、壊れた家電を買い替える、古くなった家や使い勝手の悪い部屋のリフォームをする、調子の悪い携帯電話を買い替える、色あせた家具を買い替えるなど……。高額なものは、買うのにも決心がいりますが、ボーナスの時は大きなものを買うための気持ちの余裕も生まれやすいものです。無駄遣いは禁物ですが、「重要だけれど急ぎではない」といって後回しにしていたものがないかどうか、考えてみてはいかがでしょうか。特に、一度買っておけば長く使えるものなら、今のうちにお金を使ってしまってもよいかもしれません。

また、消費増税前には、駆け込み需要によってモノが売れやすくなるため、さまざまなモノの価格が高くなることがあります。消費税8%への増税時には、家電やパソコンなどで価格が高くなったものがありました。同じものでも、増税の数カ月前から増税直前にかけて、価格がどんどん高くなっていくのです。10%への増税前にも同じような現象が起こる可能性がありますから、もしお目当てのものがあれば、今が買い時かもしれません。

ボーナスは、使っているとどんどんなくなってしまうもの。使うのも、貯めるのもあらかじめ決めておけば、無駄なく活かすことができますよ。

<前へ   1  2  3 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック