本文へジャンプします。


現在位置:> > > 2014年の夏ボーナスはこう使う!こう貯める!

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

夏ボーナスを使って上手に貯める方法

2014年の夏ボーナスはこう使う!こう貯める!

数ヶ月先に使う予定のあるものは短期間の定期預金を

必ず使う、必ず貯める金額がわかったら、次は数ヶ月先の予定を思い出してみましょう。例えば、秋に子どもの学費を支払う予定がある、自動車保険の更新が来る、引越しの予定があるなど、すでにわかっている出費があるなら、それまでの期間に少しでもお金を増やしておきましょう。出費まで1ヶ月〜半年ほど時間があるようなら、定期預金がオススメ。特にボーナスシーズンには通常よりも高い「キャンペーン金利」がつく定期預金もありますよ。

キャンペーン金利とは、キャンペーンの期間中に特別に適用される有利な金利のことです。銀行などの金融機関が決めたキャンペーン期間中に定期預金を始めると、満期になるまで有利な金利が付くというものです。満期は、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年などに設定されるのが一般的です。出費のあるタイミングに満期が来るように預金をしておけば、ただ現金や普通預金のまま出費に備えて置いておくよりも、金利分だけお金が増えて戻ってきます。通常の定期預金金利に「プラス0.1%上乗せ」のような形で優遇され、金融機関や商品によっては、通常の10倍近くになることもあります。「どうせ使うお金だから」とそのままにしておくよりは、少しでも増えているほうがおトクですよね!

また、定期預金に預け替えるためには、「いつ、何のために、いくらのお金が必要なのか?」をはっきりとさせる必要があります。なんとなく過ごしているうちに「もう支払いの時期が来ちゃった!」と慌ててお金を工面するよりも、あらかじめ計画を立てて準備しておく習慣を身につけておくと、長いライフプランを考えるのも楽になります。まずはボーナスに合わせて、近い将来のお金の計画を立てる練習をしておきましょう。また、定期預金に預けておけば、その間はうっかり引き出して使ってしまうのを防げるという点もメリットといえます。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック