本文へジャンプします。


現在位置:> > > お金を貯められる人が必ずやっている、賢い積み立て術とは?

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

お金を貯められる体質になるには

お金を貯められる人が必ずやっている、賢い積み立て術とは?

いちばん身近な「先取り貯蓄」の方法は?

「先取り貯蓄」というと一番に思いつくのが、銀行の積立定期預金ではないでしょうか。毎月指定した日に、指定した金額を自動引き落としで積み立てることができます。流動性も高いので、自動車の購入や結婚資金など比較的すぐに使うお金を貯めるのに向いています。

勤務先に財形貯蓄の制度がある人は、制度の詳細を勤務先に確認してみましょう。

財形貯蓄には「一般財形貯蓄」、「財形年金貯蓄」、「財形住宅貯蓄」の3種類があり、目的に応じて選ぶことができます。一般財形貯蓄は、預け入れから1年間は引き出すことができませんが、1年経過後にはいつでも引き出しが可能な、流動性の高い貯蓄です。税金の優遇はありませんが、普通預金より若干高めの金利が適用されているのが魅力です。

財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄については、使いみちが限定されていますが、税金の優遇を受けることができます。一般財形は利子には20.315%〔*1〕の源泉分離課税がなされますが、財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄については元本の合計550万円(財形年金貯蓄のうち、生命保険や損害保険の保険料に係るものについては元本385万円)までが利子を含めて非課税扱いになります。
ほかにも、財形貯蓄には給付金制度や融資制度など銀行の積み立てにはないメリットがあるので、ぜひ利用しましょう。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック