本文へジャンプします。


現在位置:> > > お金が貯まる体質へ変身! コツを知って、1年間で貯金目標100万円

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

1年間で100万円貯めるコツとは

お金が貯まる体質へ変身! コツを知って、1年間で貯金目標100万円

お金が貯まる体質へ変身! コツを知って、1年間で貯金目標100万円

「特にムダ使いしていないのになかなかお金が貯まらない…」という人は少なくないはず。
お金を貯めるためには、自分のお金の使い方を知り、正しい家計管理の方法を身につけることが大切です。お金を貯めるコツを知って、お金が貯まる体質へと変身しましょう。
まずは、この1年間で100万円を目標にがんばってみませんか?

<目次>
まずは家計簿3カ月!
貯蓄の目標は手取り収入の…
「固定費」と「変動費」に分けて考えてみる
貯蓄のコツは、ズバリ「先取り貯蓄」

まずは家計簿3カ月!

お金を貯めるには、まず、自分の収入に対して何にいくら使っているのかを把握することが大切です。そのために家計簿を活用しましょう。家計簿というと「1円単位で細かくつけなければ……」と苦手意識を持つ人も多いかもしれませんが、そんなに神経質になることはありません。美容費に2万円、食費に3万5,000円というふうにざっくりつかめばOK。大まかにわかればよいという気持ちでやれば続けられるでしょう。

まず、毎日のレシートは必ず保管。レシートの残らない交通費などの支出はメモしておきます。集計は週に1回か1カ月に1回、やりやすい方法でOK。専用のノートかパソコンに、食費、交際費、美容費、水道光熱費などの項目ごとに集計していきます。このとき支出を振り返り、必要だった支出には○、どちらでもよかった支出には△、ムダだと思ったものには×印をつけます。この中で×の項目を減らす努力をしたいもの。2カ月目には翌月の予算も立ててみましょう。3カ月経ったら、ムダ使いが減ったか、×印の項目からその金額分を貯蓄できているかを確認しましょう。

貯蓄の目標は手取り収入の10〜20%

家計簿をつけてみると、支出の中にたくさんの「ムダ」があることに気がつくはずです。通勤途中で買っていたガムやあめ、誘われるがままに行った飲み会や衝動買いした洋服など。このように家計簿をつけることによって、自分の行動パターンを見つめ直し、「大きな支出の見直し」と「細かい節約」でムダを省くことが節約への第一歩です。1カ月の貯蓄目標は、手取り収入の10%〜20%が目安。一人暮らしのシングルや子どもがいる家庭の場合なら10〜15%、自宅から通っているシングルやDINKS家庭の場合なら20%は毎月貯蓄しましょう。派遣社員やアルバイト、フリーランスなどボーナスがない人はがんばって20%を貯めておきましょう。

【注目トピックス】


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック