本文へジャンプします。


現在位置:> > > 活用次第で貯蓄に大きな差がつく! 2012年、冬のボーナスで貯蓄アップ大作戦

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

2012年「冬のボーナス」貯蓄術

活用次第で貯蓄に大きな差がつく! 2012年、冬のボーナスで貯蓄アップ大作戦

活用次第で貯蓄に大きな差がつく! 2012年、冬のボーナスで貯蓄アップ大作戦

ボーナスから賢く貯金するには?

日本経済団体連合会(経団連)発表の調査(2012年11月8日発表)によれば、この冬のボーナス支給額平均は、東証1部上場の83社の平均で3年ぶりに前年を3.99%下回った78万1,396円となっています。

普段よりまとまった資金が手に入るボーナスは、一気に貯蓄を増やしたり、なかなか踏み出せなかった投資を始めたりする絶好のチャンス。せっかくのボーナスが「よくわからないうちに消えてなくなってしまった」とならないようにしっかりと活用法を考えておきましょう。

そうはいっても、何かと入り用が多い年末年始。過去を振り返ってみても帰省の費用や冬休みの旅行に、買い換えたいと思っていた家具や家電にと、気がつけばいつの間にかボーナスがほとんど消えてしまっていたという体験がある人は少なくないはずです。ボーナスも月々の貯蓄と同じ「予算立て」が大切。使う予定があればあらかじめ予算をリストアップしておき、「ボーナスからこれだけ貯蓄しておきたい」という金額を、ボーナスを受け取ったら、すぐに別枠で取り置いておくのがおすすめです。そしていったん取り置いたなら、取残りは思い切って自由に使うぐらいの気持ちの切り替えが大切。そうすれば、確実に貯めたいだけ貯蓄に回せるだけでなく、自分へのご褒美と思って気持ちよく、楽しくお金を使うことができます。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック