本文へジャンプします。


現在位置:> > > 貯まる人がやっている、お金を貯めるための黄金ルール

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金を貯める

お金を貯める「3つの黄金ルール」

貯まる人がやっている、お金を貯めるための黄金ルール

貯まる人がやっている黄金ルール

なかなかお金が貯まらないという人に、何はともあれ始めてほしいのが、ズバリ「先取り貯蓄」です。「先取り」という言葉からもイメージできるように、毎月お給料をもらったら、お金を使う前に貯蓄分を先に取り分けてしまうという方法です。

実は、お金が貯まる人と貯まらない人とで決定的に違うのが、この「先取り貯蓄」をやっているかどうか。お金が貯まる人の多くは、まずは貯蓄分を先取りで確保し、残った金額で生活費をやりくりする「収入−貯蓄=支出」というルールで家計をやりくりしています。これが貯まる人がやっている黄金ルール。反対に、お金が貯まらない人はほとんど例外なく、収入から支出を差し引いて残った金額を貯蓄する、つまり「収入−支出=貯蓄」というルールになっているのです。

お金がなかなか貯まらないと悩んでいるなら、とにかく先取り貯蓄の習慣をつけて「収入−貯蓄=支出」へとお金の流れを転換すること。これが大切!それも、毎月、自分で普通預金から貯蓄用のあっちの口座へ……と預け替えるのではなく、あらかじめ決まった日に自動的に振替が行われる仕組みを作っておくことがポイントです。勤め先に財形貯蓄制度があれば積極的に利用しましょう。給与から直接、天引きをして貯蓄に回してくれるので、強制的に先取り貯蓄ができるうえに、一定の条件を満たせば税金面での優遇も受けられます。性格的に「ついついお金を使ってしまう」という人にはもってこいの制度です。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック