本文へジャンプします。


初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

意外と知らない「お金の基本ルール」から、気になる家計簿調査、節約テクニックまで、女性が知っておきたい「お金の常識」を紹介します。

マネー白書

一度見直せば、節約効果がずっと続く保険の見直しは、家計改善にオススメの方法です。しかし、やみくもに保障を減らしてしまうと、いざという時に役に立たず、困った事になりかねません。そこで今回は、必要な保障を必要な分だけムダなく準備できる保険見直しのコツを紹介します。

マネー白書

【家計簿診断】バブルのOLの老後資金作り

2013.10.28

【家計簿診断】老後に必要な生活費は1億円!?節約が苦手なバブル世代にオススメの貯蓄術

お金を使う楽しみを知っているバブル世代は、日々のコツコツした節約が苦手という人が多いもの。お金を使ってしまってから、あとでストレスを感じないためには、将来のために貯めるべきお金の目標を決めることが大切です。さらに、「給与−貯蓄=使ってよいお金」のしくみを作れば、「使う」と「貯める」がストレスなくできるようになります。

マネー白書

【家計簿診断】医学部進学のためのマネープラン

2013.10.21

【家計簿診断】もしも子どもがお医者さんになりたいと言ったら…? 医学部進学に掛かるお金

安くても2000万円といわれる私立大学医学部の学費ですが、国公立大学なら、その6分の1程度の負担ですみます。しかし実際には、費用の安い国公立はその分人気が高く、塾代や家庭教師代など受験勉強にお金がかかることも。国公立といえども、医学部を目指すとなると、教育費の負担はかなりのものとなるのです。今回は、医学部を目指す家庭の、教育費準備のポイントを紹介します。

マネー白書

【家計簿診断】リボ払いから脱出するには?

2013.10.17

【家計簿診断】間違った使い方をすると怖い! 正しいクレジットカードの選び方、使い方

今や誰もが1枚は持っているクレジットカード。サインのみで支払いができてポイントがたまり、何かと便利です。けれど、「お金がなくても買い物ができるから助かる」、「支払いを先延ばしにできる」と感じているなら、クレジットカードとの付き合い方を間違えています。若いうちに賢くクレジットカードを利用する知識を身につけておくことが大切です。

いまや多数派となった共働き家庭では、子どもの教育費や住宅購入に掛かるお金は、夫婦で協力しあって賄っていこうというのが一般的です。中には妻の方が年収の高く、家計への貢献度が大きい家庭もあるでしょう。しかし、公的な年金制度は、父親の万が一の時は手厚く保障してくれますが、母親の万が一の時には十分に保障してくれません。公的な制度の違いに注目して、共働き家庭に潜む、保険のムダやリスクについて考えましょう。

マネー白書

【家計簿診断】20〜30代の老後資金の積立方法

2013.09.19

【家計簿診断】正社員でなくても安心! 20〜30代におススメの老後資金の積立方法は?

今や働き方のひとつとして定着している「派遣社員」。憧れの職種や勤務地を選ぶことも可能で、それなりの収入も確保できます。しかし、契約期間が限定されていて、雇用は不安定です。特に女性は年齢を重ねていくうちに紹介される仕事が減っていくこともある中で、今の生活費だけでなく、早いうちから老後の生活費にも備えておくことが大切です。

マネー白書

【家計簿診断】定年間近の保険の見直し

2013.09.12

【家計簿診断】医療、介護、ガン保障を優先させたい、定年後の保険

子どもたちが独立して肩の荷が降りたら、大型の死亡保障は不要です。反面、高齢になると、どうしても体調面での心配事が多くなります。これから増えるかもしれない医療費や介護費用に備えて、加入中の保険を見直しましょう。


What’s New 最新マネートピックス

ピックアップ 編集部のオススメ

保険アドバイザー 無料で申し込めます