本文へジャンプします。


現在位置:> > > 老後もハッピーに過ごすために! 子どものいない共働き家庭の貯蓄計画

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

マネー白書

DINKSのための老後資金作り

老後もハッピーに過ごすために! 子どものいない共働き家庭の貯蓄計画

老後もハッピーに過ごすために! 子どものいない共働き家庭の貯蓄計画

思うようにお金が貯まらなくて老後が心配……

横浜にお住まいのAさん(40歳)は、現在、賃貸のマンションに、同い年のご主人と二人で暮らしています。Aさんのご主人は、3年前に勤務先の印刷会社が業績不振になり退職し、しばらく就職活動をしたのち、今の会社にやっと就職が決まったそうです。その時に貯蓄をかなり使ってしまい、これから老後資金をどう貯めていったらよいのかわからないというのが今回のご相談の内容です。なお、住まいについては、夫の転職時につくづく身軽な方がよいと思ったので、このまま賃貸で行く予定だそうです。Aさん夫婦の主な家計の状況は次の通りです。

【収入】 

夫 手取り 月額 26万円  ボーナス なし
妻 手取り 月額 30万円  ボーナス 60万円

【貯蓄】 

夫名義 200万円   
妻名義 500万円

老後もハッピーに過ごすために! 子どものいない共働き家庭の貯蓄計画

老後にはいくらかかる?

老後資金作りの秘訣は、ざっくりでもよいので、できるだけ早めに貯蓄のペースを把握して、長期でコツコツ積み立てていくことです。そのためには、老後に必要になるお金や、準備済みのお金の把握が欠かせません。次のように段階を踏んで考えると良いでしょう。

Aさん夫婦の現在の家計から考えると、退職後に極端に生活を変えないためには、最低でも毎月20万円(住居費除く)の生活費が必要です。これに、お互い5万円ずつのゆとりはみておきたいとの希望がありました。ゆとりのお金は、それぞれの趣味や冠婚葬祭など不意の出費に使う予定です。住居費に関しては、退職後は、静岡にあるAさんの実家に引っ越すつもりなので、その後は固定資産税のみ年間10万円あればよいとのことです。また、住み替えに際して実家はリフォームする予定なので、その費用が300万円ほど必要です。Aさん夫婦には退職して時間ができたら、国内の名所旧跡を回りたいという夢があり、そのための予算を年間30万円ほど見込みます。このほか、身体の衰えが気になる老後には、病気や介護に備えて、1人300万円のお金を準備しておきたいところです。子どものいないAさん夫婦の場合、いざといときには自分たちで解決していかなければならないので、とくにお金の面ではしっかりと備えておくとよいでしょう。

Aさん夫婦は、会社の再雇用制度を使って65歳まで働きたいと考えています。ですから、本格的に老後の生活が始まるのは65歳からと考えます。そこから、実際に寿命が何年あるかは誰にもわかりませんが、男性の平均寿命約80歳、女性の平均寿命約86歳から考えて、仮に90歳まで準備するとすると、退職後の生活費は25年分必要になります。結局、Aさん夫婦の退職後に必要なお金は、

ゆとりを含む毎月の生活費 30万円 25年分
それ以外の支出(固定資産税、旅行) 年間40万円 25年分
実家のリフォームのお金 300万円
もしもの病気や介護に備えるお金(2人分) 600万円

となります。


【関連トピックス】

【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック