本文へジャンプします。


現在位置:> > > FP相談は保険だけじゃない!FPに家計の相談をするメリットと相談方法

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

節約術

FP相談で、こんなに節約できたよ実体験をご紹介

FP相談は保険だけじゃない!FPに家計の相談をするメリットと相談方法

FP相談は保険だけじゃない!FPに家計の相談をするメリットと相談方法

FP(ファイナンシャルプランナー)に相談をするというと、保険の見直しというイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、FPに相談できることは、資産の運用から、毎日の家計の見直しポイントまで多岐にわたります。FPに相談することで得られるメリットについて、上手な相談方法とともにご紹介します。

<目次>
FPに相談するのはどのようなこと?おもな相談事例
FPに相談する費用はどのくらい?相場はあるの?
FPに相談してどのように家計が変化した?
自分に最適なFPを探す方法は?
FPに家計相談をするときの注意点

FPに相談するのはどのようなこと?おもな相談事例

FPに相談するというと、FPによる無料相談を受け付けている保険窓口が多いため、保険に関する相談をイメージされる傾向がみられます。しかし、FPの相談取り扱い内容は、保険だけではありません。ほかにも、ローンや年金、家計診断など、お金に関することなら幅広く受け付けており、特定の商品という枠を超えてお金について総合的な相談ができる存在です。

FPの役割は、依頼者のさまざまなライフイベントに向けてのお金の悩みを取り除き、最善策を提案することや、お金のライフプランを設計していくことにあります。したがって、ひとつの事例に限らず、継続的にアドバイスを受けながら、知識を得て家計の改善を図ることが、FP相談の本来の活用方法といえます。

FPに相談する費用はどのくらい?相場はあるの?

FPへの相談料金について、統一された基準はありません。一般的には、時間制を採用しているFPが多く、相場としては1時間5,000〜10,000円というFPが多いです。初回の相談については、内容を限定して相談料割引を行っているというFPもいます。

また、時間制ではなく、顧問制の場合もあります。月に決められた回数まで自由に相談したい場合や、定期的にFPに家計や資産についてチェックしてもらいたいという場合に適した方式です。相談内容や目的に応じて選択しましょう。

FPへの相談料金は、基本的に面談のみに対する料金設定となっており、提案書などの書類作成を希望する場合は、別料金が必要となります。相談料金だけを考えると高額に感じられるかもしれません。しかし、相談の結果、保険や年金関係などを最適に変更することによって得られる利益は数十万円にものぼることもあるため、決して高くはありません。

なかには、無料相談を行っているFPもいますが、相談内容が限られていることがほとんどです。相談の際には、無料で相談が可能な範囲についても確認しておきましょう。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック