本文へジャンプします。


現在位置:> > > 国内旅行を安く済ませたい!交通費と宿泊費を抑えるポイント

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

節約術

国内旅行の費用を節約するコツは?

国内旅行を安く済ませたい!交通費と宿泊費を抑えるポイント

国内旅行を安く済ませたい!交通費と宿泊費を抑えるポイント

疲れたからだをゆっくり休ませるには、国内旅行に出かけてみるのも良いでしょう。ただ、場所によっては、交通費や宿泊費などの出費が気になることもあります。今回は、国内旅行がもっと楽しくなる交通費と宿泊費の節約ポイントを集めました。節約ポイントをおさえて、お得に旅行を楽しみましょう。

<目次>
交通費を節約する
宿泊費を節約する
宿泊+交通をセットで安く

交通費を節約する

・バス代の節約術
長距離の移動をより安く済ませたいとき、近場を旅行したいときの選択肢として挙げられる移動手段が、バス。旅行で利用するなら高速バス、なかでも夜行バスはおすすめです。移動する路線や時期によっても変わってきますが、たとえば東京〜大阪間であれば片道1,500〜8,000円程度で移動することができます。飛行機や新幹線と比較すると時間はかかってしまいますが、車窓から流れる景色をながめてみたり、ちょっとしたバスツアー気分を味わったりしてみるのも良いのではないでしょうか。

・飛行機代の節約術
実は、飛行機は手数料のかからない航空会社で予約したほうがお得です。航空会社の公式サイトで区間と移動日を入力すると、適用できるお得な割引が意外にたくさんあります。たとえば、ANAの運賃割引。さまざまな割引がありますが、注目は旅割と特割です。旅割は、21〜75日前までの購入を条件に利用できる割引で、空席予測に応じた割引が適用されます。普通運賃よりもお得に飛行機を利用できるのがポイント。事前に行きたい場所が決まっているときに便利です。ただ、なかには予定が確定できないという人もいるでしょう。そんなときにおすすめなのが特割。1〜3日前までの予約でお得に飛行機を利用することができます。区間によっては、格安航空会社(LCC)の利用もおすすめです。(2017年7月現在)

・新幹線代の節約術
飛行機の距離ほどでもない、できれば日帰りやショートトリップをしたいというときは、新幹線での移動がおすすめです。新幹線代の節約のコツは、早期予約。たとえば、JR東日本ではえきねっと会員になって予約することで、お得に切符を購入することができます。新幹線での移動がけっこう多いという人は、切符に限らず、お得な回数券やフリーパスを購入してみるのも良いでしょう。

宿泊費を節約する

・平日を選ぶ
宿泊費は、お盆やお正月、ゴールデンウィーク、そして土日祝日などが高くなる傾向にあります。宿泊費を節約したいのであれば、土日祝日などの人が混む日を避けて平日に予約するべきです。同じサービスでもお得に宿泊することができます。また、宿によっては平日限定でのお得なサービスを実施しているところも少なくありません。お得感を二重に楽しみたいときは、平日のサービスが充実している宿泊先を探してみるのも良いでしょう。

・ホテル予約の比較サイトを使う
数あるホテルのなかからお得な宿泊先を見つけて予約するのは至難の業。手軽にお得なホテルを見つけたいのであれば、「じゃらん」や「4travel.jp」などのようなホテル予約の比較サイトを活用しましょう。サイトによっても異なりますが、宿泊費だけでなく、禁煙ルームや夜食付きなど、好みの条件を指定して探すこともできます。さらに、ホテルで直予約するよりもお得なプランが販売されていることがあるのもポイント。比較サイトを活用すれば、お得な宿泊先も簡単に見つかるはずです。

・国民休暇村・国民宿舎や公共の施設を使う
公共の国民休暇村や国民宿舎も、宿泊費用を抑えたいならチェックしておきたいポイント。料金は場所や時期によって変動はしますが、国民宿舎であればおおむね7,000〜10,000円(1泊2食付き)で宿泊することができ、宿で食事を済ませたい方にはぴったりです。また、せっかくの旅行なのだからのびのびと過ごしたいという方は、立地条件がよく施設が充実している国民休暇村がおすすめ。体験ができるプランなども充実していて、費用面だけでなく、総合的にお得に宿泊を楽しめます。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック