本文へジャンプします。


現在位置:> > > 押さえておきたい固定費の節約術!身近にたくさんある意外な節約ポイント

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

節約術

節約するなら固定費に限る!固定費の節約方法をご紹介

押さえておきたい固定費の節約術!身近にたくさんある意外な節約ポイント

押さえておきたい固定費の節約術!身近にたくさんある意外な節約ポイント

節約にはいろいろな方法がありますが、当たり前のように支出している固定費を見直したことはありますか? 固定費節約の魅力は、継続的に効果を得られること。身近にたくさんある意外な固定費節約ポイントを知ることで、年間を通じた節約が可能となります。固定費の節約方法についてご紹介します。

<目次>
固定費の節約って、そもそもどんなことができる?
毎月の光熱費や通信費を節約しよう
住宅ローンを有利な条件に変更しよう
車に関する費用を見直そう
生命保険は定期的に見直しを

固定費の節約って、そもそもどんなことができる?

家計における固定費とは、毎月一定の支出が発生する項目のことです。

固定費の例
・住居費
・税金
・生命保険料
・通信費
・子どもの塾代
・電気、ガス、水道の光熱費

項目を見ると、「当たり前のように毎月払い続けているもの」であることがわかります。固定費に対して変動費と呼ばれる項目が、食費、娯楽費、雑費などです。いくらでも増やすことができ、減らすこともできるイメージですね。電気、ガス、水道代も変動はしますが、変動の幅が狭いために固定費に分けられることが一般的です。

変動費と固定費では、節約効果のイメージが異なります。

・変動費節約のイメージ
15万円の海外旅行を5万円の国内旅行に変更→10万円の節約(1回限り)
・固定費節約のイメージ
通信費を5,000円/月削減→年間で6万円の節約になり、その後も継続

変動費の節約でも大きな効果を得られる場合がありますが、固定費節約も大切です。固定費の節約では、一度「節約の仕組み」を作ってしまうことで効果を長く得ることができるためです。

毎月の光熱費や通信費を節約しよう

電力自由化やガス自由化が始まり、光熱費を節約しやすい環境が整っています。電気代やガス代を見直すときの大事なポイントは「試算」です。家庭ごとの使用量によって、電気代やガス代の新しいプランで得られるメリットは変わります。例えば、ある供給会社への変更を仮定して試算を行うと、4人家族のケースでは電気代が大幅に減り、1人暮らしのケースでは電気代が上がってしまうということもありえます。

チェックしておきたいおトクなプランとして、電気とガスをセットにするプラン、電気とガス、インターネットサービス(プロバイダ)をセットにするプランなどがあります。ポイントがたまるサービスもあります。

供給会社の変更以外の節約方法として、電気代の基本料金に関わるアンペア数変更が挙げられます。現在のアンペア数は「電気ご使用量のお知らせ」やブレーカーを見ることで確認可能。消費電力量が大きい電子レンジとドライヤーの使用時間をずらすだけでも、必要アンペア数が変わってきます。

フレッツ光からドコモ光やOCN光などの光コラボ商品への切り替えは、通信費節約方法のひとつ。スマホとセットにすることでおトクになるプランもあります。キャリアのスマホから格安スマホに変えて、数千円/月の節約を実現している人もいます。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック