本文へジャンプします。


現在位置:> > > 子どもは欲しい!でも教育費ってどうやって節約するの?納得の方法を伝授します

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

節約術

教育費の節約の仕方とは?

子どもは欲しい!でも教育費ってどうやって節約するの?納得の方法を伝授します

子どもは欲しい!でも教育費ってどうやって節約するの?納得の方法を伝授します

貯蓄には、マイホームや老後の不安解消など、人それぞれのライフスタイルに合わせた目的がありますね。その中でも子どもを持つことを計画している人や、すでに育てている人にとって大事な目的の1つが「教育費」ではないでしょうか。教育費の節約方法についてご紹介します。

<目次>
教育費ってどのくらいかかる?
我が子の目指す教育プランは?
教育費をどうやって節約・貯蓄する?
教育費と住宅ローンとのバランスをうまくとるには?

教育費ってどのくらいかかる?

教育費の貯蓄をするためには、大まかな目標額を決めておくことが大切です。節約には我慢が必要なときもありますが、目標があれば「これくらいは必要だから」と踏ん張ることができますよ。

子どもの教育費は成長段階によって変わります。

公立:幼稚園22.2万→小学校32.2万→中学校48.2万→高等学校41.0万
私立:幼稚園49.8万→小学校153.6万→中学校133.9万→高等学校99.6万

全て公立:527.4万円
全て私立:1,771.5万円

上記は平均値です。実際は地域差もあり、人口規模の大きい都市では高めとなります。大学費用も含めた合計額は、次の章で詳しく説明します。

出典:文部省ホームページ(http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/main_b8.htm)

学習塾費の年額平均値は下記のとおり。

幼稚園 公立:6,000円 私立:9,000円
小学校 公立:5万2,000円 私立:21万4,000円
中学校 公立:20万5,000円 私立:13万5,000円
高等学校 公立:9万5,000円 私立:14万2,000円

出典:文部科学省ホームページ(http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/main_b8.htm)

ご紹介してきた数字でわかるように、家庭の教育費への投資額はライフステージによって大きく変わります。

教育資金にプラスできる1つの方法として、高齢者から若い世代への資産移転を促す「教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税措置」があります。子どもあるいは孫ごとに1,500万円(※)まで非課税です。(平成31年3月31日までの措置)

※出典:文部科学省ホームページ(http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/zeisei/1332772.htm)

高校授業料無償化の制度もありますが、支給額はおよそ1万円以内/月。「大学費用も含めたら、学資保険や教育費贈与税非課税の利用だけでは足りないのでは」と心配な人もいるでしょう。

我が子の目指す教育プランは?

子どもの教育プランによって、教育費は大きく異なります。公立が自然な流れとなっている地域もあれば、お受験が盛んな地域もありますね。

子どもが話す将来の夢などに合わせて「どのくらい必要になりそうかな」とイメージしておくだけでも、必要額の大まかな判断に役立つでしょう。

2017年の国立大学の入学料標準額が28万2,000円、授業料標準額が53万5,800円。4年間で242万5,200円です。私立大学の場合は、大学や学部ごとに大きな差があります。文部科学省の調査額を1つの例として計算しましょう。入学料26万1,089円、授業料86万4,384円、設備整備費18万6,171円です。

高等学校まで全て公立+国立大学:769.9万円
高等学校まで全て公立+私立大学:973.7万円
高等学校まで全て私立+国立大学:2014万円
高等学校まで全て私立+私立大学:2217.8万円

※出典:文部科学省ホームページ(http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/houjin/1293385.htm)(http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/1365662.htm)

1人暮らしが必要な大学の場合は、自宅通学の場合に比べ、支出額がさらに上乗せされます。大学院へ進む場合は、再度の入学料や2年分の授業料が追加となります。私立文系に比べ、私立理系の方が授業料は高め。薬学部や医学部は6年間であり、授業料もグンと高くなります。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック