本文へジャンプします。


現在位置:> > > 「電力の自由化」そのキホンを解説!背景や新しいサービス、選び方など

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

節約術

電力の完全自由化についてキホンを解説します

「電力の自由化」そのキホンを解説!背景や新しいサービス、選び方など

「電力の自由化」そのキホンを解説!背景や新しいサービス、選び方など

2016年4月から、私たち一般家庭において「電力の自由化」が始まりました。電力の自由化とは、携帯電話の会社を選ぶように、電力会社も私たち消費者が、サービスや価格を比べて選択することができるようになること。
電力の自由化が始まると、私たちの生活はどのように変わるのでしょうか。今回は、電力自由化について詳しく見ていきましょう。

<目次>
電力の自由化とは
電力の自由化が進められるようになった背景とは
電力自由化によって生まれる新しい料金形態やサービス
電気代は本当に下がる?

電力の自由化とは

皆さんは「電力自由化」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。電力の自由化とは、携帯電話の会社や、インターネットの会社を選ぶように、私たちが電力会社を選択することができるようになったこと。

以前は、東京に住む人は東京電力、大阪に住む人は関西電力といったように、電気を買う会社は地域ごとに決められていました。しかし、この電力自由化により、消費者が電力会社のサービスや価格を比べて、どこから電気を買うか選べるようになったのです。

2000年から、比較的大きなビルや工場などを対象にすでに電力自由化がスタートし、全国の小中学校や市役所、銀行や飲食チェーンなど数多くの自治体や企業が、自分たちで電気を買う会社を選択しています。

そして、2016年4月から、私たち一般家庭においても、電力の自由化がスタートしました。この自由化が始まって、私たちの生活はどのように変わるのでしょうか。そして社会的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。電力自由化について、勉強してみましょう。(*1)

電力の自由化が進められるようになった背景とは

電力の自由化が進められるようになった背景には、2011年3月に発生した東日本大震災が関係しています。

地震の影響で起きた原発事故。電気の供給が不安定となり、日本全体で節電運動が広がりましたね。これをきっかけに、日本の国民や政府は、電力の仕組みや制度をより安定的なものにしようと考えるようになりました。

東京電力や関西電力など、地域ごとに電力会社が決まっている状況では、市場は独占的で、新しいサービスや価格の競争は起こりません。そこで、新規に電力会社が参入し、電力会社間のサービスや価格競争をさせていこうという動きが始まったのです。

この電力自由化により、電気代が下がることや、新たなサービスが生まれること、そして、私たち消費者が電気や環境問題に対してより関心を持つことなどが期待されています。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック