本文へジャンプします。


現在位置:> > > 倍速で貯まるかも?ポイントカードのポイントを効率よく貯めるテク

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

節約術

ポイントカードの活用法

倍速で貯まるかも?ポイントカードのポイントを効率よく貯めるテク

倍速で貯まるかも?ポイントカードのポイントを効率よく貯めるテク

複数のお店で使える「共通ポイントカード」が便利

ポイントカードといえば、お店でお買い物をすると、購入代金や購入の回数に応じてポイントがもらえるカードですよね?でも、色々なお店でポイントカードを作ると、それぞれのお店に持っていくのを忘れたり、十分に貯まらないうちに有効期限が切れてしまったりしがちです。そんなお悩みを解決するのが、「共通ポイントカード」です。従来はお店によってバラバラだったポイントを、まとめて貯めることができます。

代表的な共通ポイントカードとしては、「Tカード」、「Pontaカード」、「R(楽天)ポイントカード」などがあります。それぞれ、リアルな店舗とインターネット通販に加盟店があり、加盟店ならどこのお店でショッピングをしても同じポイントを貯めることができます。貯まったポイントは、1ポイント1円として加盟店でのお買い物に利用できます。

3大共通ポイントカードの特徴

Tカードは、DVD・CDレンタルのTSUTAYAほか、ファミリーマート、ドトール、エクセルシオールカフェ、マルエツ、牛角など、全国約29万6千店以上のお店やレストラン、またYahoo!ショッピングなどのインターネット通販でポイントが貯まります。「Yahoo!公金支払い」に対応している自治体では、インターネット上から水道料金や税金、健康保険料、NHKの受信料、保育料などを支払うことでもポイントが貯まります。ポイントが貯まったら、これらの代金に充てることもできます。

Pontaカードは、ローソンなど全国約2万7,000店のリアル店舗のほか、リクルート系のインターネットサービス、ネットショップ、H.I.S.の旅行などで利用できます。貯まったPontaポイントをリクルートポイントと交換して、じゃらん.netの旅行、ホットペッパーグルメの食事、ポンパレでのお買い物に使うことができます。ポイントの交換先として、オリジナルのキャラクター「ポンタ」のグッズをもらうこともできます。

Rポイントカードは、日本最大級のインターネットショッピングサイトである楽天市場の「楽天スーパーポイント」が貯まるカードです。インターネットショッピングのほか、リアル店舗ではサークルK・サンクス、ポプラ、出光サービスステーション、ミスタードーナツなど全国約1万店でもポイントを貯めたり使ったりできます。カードには電子マネーの「楽天Edy」機能も搭載しており、代金を電子マネーで支払うと、ポイントカードの提示分と電子マネーの利用分両方のポイントが貯まります。つまり、ポイントの二重取りができるのです。

※各サービスは2015年8月時点の情報です。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック