本文へジャンプします。


現在位置:> > > あなたは大丈夫? やってはいけない「節約」3カ条

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

節約術

やってはいけない「節約」3カ条

あなたは大丈夫? やってはいけない「節約」3カ条

あなたは大丈夫? やってはいけない「節約」3カ条

食費節約のために食べたいものをガマンするのはNG

「節約」というと、食べたいものを我慢して食費を削ったり、電気をこまめに消して光熱費を削ったり、というイメージが強いかもしれません。でも、ちょっと待って! その方法、実はあまり効果がないんです。節約には、せっかくがんばっても報われない「やってはいけない3カ条」があるのです。

節約をしようとする人が、真っ先に手をつけるのが「食費」です。でも、食費の節約は期待するほどの効果はありません。例えば、毎日のランチ代を700円から500円にダウンしたとしましょう。節約できるのは、1食あたり200円。1ヵ月で期待できる節約額は4,000円ほどにすぎません(平日20日間のランチ代として計算)。ランチ代を安くしようとすると、1、2品おかずを減らしたり、野菜の入ったメニューからどんぶり物や揚げ物だけのメニューにシフトしたりと、栄養バランスが崩れてしまうことが多いもの。栄養バランスが悪くなると、お肌の調子が悪くなったり、風邪をひきやすくなったりと、美容や健康にも支障をきたします。また、食べたいものをがまんする食事は、楽しくないはず。これでは節約も長続きしません。

食は「人を良くする」と書くように、健康の基本です。食事がおろそかになると、健やかな生活を続けるのも難しくなってしまいます。また、逆に病気を招いて、薬や治療のために思わぬ出費がかさんでしまうこともあります。食べたいものや体に良いものを削ってまで食費を節約するのはやめましょう。

【注目トピックス】


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック