本文へジャンプします。


現在位置:> > > 毎日の食費で差がつく! 手間いらずの節約プチテクニック

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

節約術

ムリなし手間なし「食費」節約術

毎日の食費で差がつく! 手間いらずの節約プチテクニック

毎日の食費で差がつく! 手間いらずの節約プチテクニック

完ペキ自炊じゃなくてもOKな食費節約術

食費を節約しようという場合、ほとんどすべての食事を自炊できるなら自炊のほうがだんぜん食費は安くすみます。1つの材料を何食か使い回せるので、その分1食当たりの費用が安くできるからです。ただ、ほとんど自炊でとなるとそれなりの時間と手間が必要になってしまいますから、「おつきあいで外食が多い」という人や、「仕事で遅くなるとついついスーパーのお惣菜を買ってしまう」という人は、この時点ですでに食費節約へのやる気をそがれてしまうかもしれませんね。でも、あきらめてしまうのは早計です!ムリがない範囲でできるだけ節約を心がけるだけでも、毎日のことだけに随分と差が出てくるのが食費なのです。

疲れてついスーパーでお惣菜を買ってしまうという人は、魚や肉などメインのおかずはお惣菜に頼ったとしても、サイドディッシュだけは材料を買って自宅で用意してはいかがでしょうか?例えばキャベツを手でちぎってサッとゆでるだけ(レンジでチンすればさらに手軽です)、プチトマトやレタスを洗うだけなら、お惣菜のラップをとってレンジでチンする手間とそれほど変わらないのでは?今日はここまではできる、というところをその日の体力と相談しながらがんばる「ゆる自炊」でも、全くやらないよりは節約効果を実感できるはずです。

お弁当づくりはここまで手を抜ける!?

持っていけば節約できるとわかっているお弁当も、忙しい朝にイチから用意するとなるとどっしり負担感が増すもの。それなら、時間がある時に「ゆるくある程度まで完成させておく」方法はいかがでしょうか?フル活用したいのは冷凍庫です。週末時間がある時にご飯を炊いたら小分けにして冷凍、というのはポピュラーなワザですが、さらにそこから時短をはかって最初からお弁当箱にご飯を詰めて冷凍しておくのです。おかずもアルミカップやシリコンカップに詰めた状態で小分けにして冷凍しておけば、朝はそのままお弁当箱に入れるだけ。1つは先ほどのご飯を入れておいたお弁当箱にこの時点で入れてしまいます。こうしておけば、お弁当を持っていく朝に残ったスペースに1つ2つおかずを詰めるだけで完成です。夏など暑い季節には冷凍庫から出してそのまま持っていけば保冷剤がわりにも。涼しい季節には、ほかのおかずを用意している間にお弁当箱ごとレンジで解凍すればよいでしょう。ちなみに、数日分用意しておきたいなら、2つ3つお弁当箱を用意しておくか、もしくは、一旦お弁当箱にごはんを強めにつめて、型から出すように形をつけてからラップにくるんで冷凍しておきます。使うときは、そのままお弁当箱にポンとセッティングすれば簡単です。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック