本文へジャンプします。


現在位置:> > > クレジットカードの審査方法を理解すれば審査に落ちないコツがわかる

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

クレジットカードの審査に落ちる原因は?

クレジットカードの審査方法を理解すれば審査に落ちないコツがわかる

クレジットカードの審査方法を理解すれば審査に落ちないコツがわかる

クレジットカードが欲しいのだけれども、申し込んでもクレジットカードの審査に落ちて、発行してもらえないという方も少なくないはず。なぜ、クレジットカードの審査に通らないのでしょうか。クレジットカード会社の審査方法から審査に通るためのコツまでをご紹介します。

<目次>
クレジットカード会社の審査方法
クレジットカードの審査に落ちる・落ちやすいケース
クレジットカードの審査に落ちてしまった人・落ちそうな人へのアドバイス
どうしてもカードが欲しい場合

クレジットカード会社の審査方法

クレジットカード会社各社では、審査方法について開示を行っていませんが、基本的には、スコアリングと信用情報の確認によって審査を行っています。

まずスコアリングというのは、自動審査システムのこと。スコアリングとは訳すとスコアを記録するということですが、クレジットカードのスコアリングも申込者ごとにスコアをつけて判断していると考えて問題ありません。申込書の内容がスコアとして反映されています。年収、職業、働き方(会社員なのか、自営業なのか)、住まいの形態(持ち家なのか、賃貸なのか)、家族、他社からの借入金額などです。なお、スコアリングにおいて、クレジットカード会社各社の決める一定の点数に満たないと、クレジットカードの審査に通らないということになります。合格基準、または審査の基準に点数の配分というのはクレジットカード会社によって異なるので、難しいところです。

一方、信用情報というのは、クレジットカードでの取引を含めた信用情報のことで、申込者がどこの信用機関と契約しているのか、利用残高や支払い状況はどうかなどを確認することです。信用情報機関である、CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)JICC(日本信用情報機構)を通して他社での借入残高、支払い事故歴などの確認が行われ、審査に反映されます。

クレジットカードの審査に落ちる・落ちやすいケース

・信用情報に異動情報がある
信用情報における異動情報というのは、事故記録のことです。信用情報機関の提供する他社での連続的な支払いの遅れ、または保証人による代位弁済、自己破産が確認されれば、返済能力がないということで、審査に落ちやすくなります。

・短期間のうちに複数の申し込みをした
信用情報では、短期間(直近6か月)のうちにどれくらいクレジットカードやローンの申し込みをしたかを確認できます。連続的に申し込みがある場合は、経済状況が急に悪くなったということで審査に通らない場合があります。

・借入残高や借入件数が多い
金融機関や消費者金融からの借入残高または借り入れの件数が多い場合も注意が必要です。多重債務者、つまり借り入れをし過ぎて返済が困難になっているとみなされ、審査に落ちやすくなります。

・電話連絡がつかない
クレジットカードの新規作成においては電話での確認をしないこともあるので、電話での確認がある会社に限っての話ですが、本人と電話連絡がつかないのも、審査に落ちる原因です。自宅のみならず、勤務先、携帯電話で確認ができないと、なりすましや架空申し込みが疑われます。

・勤続年数が短い
新卒者は別ですが、勤続年数が短く職を転々としている場合は、支払い能力という点で審査に通らない場合があります。少なくとも半年から1年の勤続年数は欲しいものです。

・クレジットヒストリーが年齢の割にない
特に中高年において気をつけたいことですが、信用情報を照会しても他社クレジットカード会社の利用履歴がない場合、審査に落ちる場合があります。クレジットカードの利用がないのは、過去に延滞や自己破産などの異動事故があって、異動記録が削除されたばかりなのではと考えられるためです。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック