本文へジャンプします。


現在位置:> > > 自己破産とは? メリットとデメリット、手続き方法を解説します

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

負債をリセットできる自己破産の実際

自己破産とは? メリットとデメリット、手続き方法を解説します

自己破産とは? メリットとデメリット、手続き方法を解説します

返しても返しても減らない借金の山。このような状況下で、自己破産を考える方も少なくないでしょう。自己破産といえば、負債がなくなるというメリットがおされがちですが、本当にそれだけでしょうか。自己破産によるメリットとデメリットを踏まえ、自己破産の実際を整理してみましょう。

<目次>
自己破産とは?
自己破産のメリットは?
自己破産のデメリットは?
自己破産の手続きは?

自己破産とは?

破産(自己破産)は、破たんした生活を立て直すためのものです。裁判所での手続きで、債務整理を行い、支払えない債務を免除してもらうことができます。どうしても負債で生活が立ち行かなくなってしまったときの最終手段ともいえるでしょう。

・負債だけでなく財産も基準以上はリセットされる
破産手続きをすれば負債がすべて免除されますが、実際は現在の状況を整理して返せる負債は返す手続きですので、負債がまるまるリセットされるわけではありません。預貯金や不動産、自動車、さらには将来の退職金、保険の解約返戻金などの財産も失うことになってしまいます。財産を換金して、負債にあてるためです。財産もリセットされるということは知っておくべきでしょう。ただ、すべての財産がなくなるわけではなく、99万円以下の現金(預貯金を含む)と時価20万円以下の財産、法律で差し押さえが禁止されている財産は含まれません。たとえば、寝具や畳、衣類など生活に必要な財産は差し押さえの対象にはならないのです。

・自己破産ができないケースもある
また、すべての場合において自己破産ができるわけでなく、もちろん支払い不能な状態でないと破産はできません。破産ができない理由として良く知られているのが、ギャンブルによる借金ではないでしょうか。ほかにも、財産を偽って申立てをした場合、クレジットカードのショッピング枠の現金化を行った場合などで、自己破産ができないケースがあります。また、免責許可を申立てする場合、免責を受けられない理由で不許可となった過去がある場合も破産できないことがあるので注意しましょう。

自己破産のメリットは?

・一定の生活を守って負債をクリアにできる
自己破産による大きなメリットは、負債を免除できることです。事業の失敗、連帯保証人など、大きな負債を抱えるまでの経緯はさまざまですが、負債を抱えることで気持ちもからだも疲弊してしまいます。また、先の見えない借金の山に将来への道筋も見失ってしまうことでしょう。もちろん自己破産によって、これまでの財産を失うリスクもありますが、それ以上に負債をなくすことで身も心も軽くすることができます。さらに、生活に必要な一定の財産は残すことができるので、自己破産をしたからといって、すぐに生活にこまることもありません。一定の生活水準を保ちながら、負債をなくすことができます。

・破産後は強制徴収をなくすことができる
自己破産をするまでには、給与の差し押さえなど強制的な差し押さえを受けることもあります。たとえば、収入源である給与を差し押さえられると、明日からの生活にこまってしまうということも少なくないでしょう。しかし、自己破産をすればこうした強制徴収もなくなります。自己破産によって負債が免除されるためです。借金に追われ、路頭に迷うことなく、穏やかな生活を取り戻すことができるでしょう。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック