本文へジャンプします。


現在位置:> > > 株主優待を狙うならおすすめの銘柄はこれ!10万円以下編

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

10万円以下で株主優待をゲット!

株主優待を狙うならおすすめの銘柄はこれ!10万円以下編

株主優待を狙うならおすすめの銘柄はこれ!10万円以下編

株式投資のひとつの魅力ともいえる株主優待ですが、少額から購入できる株式でも、優待制度を設ける企業が増えています。その優待内容についても、商品から金券、各種優待などバラエティに豊かです。10万円以下でもらえる優待にはどのようなものがあるのか、商品ジャンル別におすすめ銘柄をピックアップしました。

<目次>
高利回り!株主優待で金券や商品券がもらえる銘柄
意外とうれしい、株主優待で特産品などがもらえる銘柄
使い方によってはお得!株主優待でお得にお買い物
株主優待でレジャーを楽しもう
金融サービスも株主優待でお得に利用

高利回り!株主優待で金券や商品券がもらえる銘柄

優待品に金券や商品券を設定している企業は多くあります。金券類は、好きなときに好きなものを買う、もしくは交換することができるため、実質的に優待分の金額そのものをもらっているのと同じになるのでお得です。

コンビニなどで使える便利なクオカードがもらえる銘柄には、500円分を年2回もらえるタマホーム(1419)をはじめ、数多く見つかります。カーリットホールディングス(4275)では、スーパーや百貨店などで使えるUCギフトカードが100株で1,500円分もらえます。

本をよく購入する人には、図書カードがもらえる銘柄がおすすめです。廣済堂(7868)や秀英予備校(4678)などがあり、丸善CHIホールディングス(3159)では、丸善やジュンク堂など自社書店店舗で使える商品券がもらえます。

また、食費に回せることで根強い人気のある「おこめ券」を採用している銘柄は、オオバ(9765)や京阪神ビルディング(8818)です。

意外とうれしい、株主優待で特産品などがもらえる銘柄

優待品の定番ともいえる、自社の関連商品や地域の特産品も、10万円以下の銘柄でも十分に手が届きます。

フジ日本精糖(2114)では、砂糖などの自社製品詰め合わせ、メディアフラッグ(6067)では、関連企業「十勝たちばな」のお菓子の詰め合わせがもらえます。サンセイランディック(3277)では、賛同しているプロジェクト企業「株式会社パン・アキモト」のパンの缶詰が優待品に採用されています。

大日本コンサルタント(9797)では、2年以上の継続保有で金券類以外にも名産品を選べるようになります。TOKAIホールディングス(3167)では、金券・サービス券と名水の中から好きなものを1つ選択、テーオー小笠原(9812)では、地元北海道の名産品などを選択することができます。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック