本文へジャンプします。


現在位置:> > > クレジットカードのポイント交換・使い方でおすすめはどれ?4つの方法

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

クレジットカードでお得にポイント交換

クレジットカードのポイント交換・使い方でおすすめはどれ?4つの方法

クレジットカードのポイント交換・使い方でおすすめはどれ?4つの方法

クレジットカードの利用によって付与されるポイントは、商品交換だけでなく他社のポイントへの交換やキャッシュバック、購入時の割引などにも使えます。期限が切れて無効になってしまう前にきちんと利用できるよう、ポイントの使い方についてマスターしましょう。

<目次>
クレジットカードのポイントとは?どう使える?
家電や日用品、金券などの商品と交換
他社ポイントに交換
ポイントで自分の口座にキャッシュバック
ポイント払いに使ってお得にショッピング

クレジットカードのポイントとは?どう使える?

クレジットカードの多くに、利用額に応じてポイントが貯まるサービスがあります。カード会社によって異なりますが、月1,000円利用ごとに1ポイント、というふうにポイントが貯まり、一定のポイントで商品や電子マネーなどに交換ができる、というしくみです。ポイントは1〜数年程度の有効期限があり、期限を過ぎると消滅しますが、一部のカード会社では、期限なく貯めることができる場合もあります。

クレジットカードのポイントは、請求書の明細に記載されているだけということが多く、貯まり方や使い方を知らないという人も多いです。クレジットカードのポイントは、商品と交換できるだけでなく、他社ポイントや電子マネーとの交換、キャッシュバックや購入代金支払い時の割引としても利用できます。せっかく貯まったポイントですので、無駄にしてはもったいないもの。どのようなものと交換できるのか、おすすめをご紹介します。

家電や日用品、金券などの商品と交換

クレジットカードのポイントの使い方としてまずあげられるのは、商品との交換です。家電やグルメ、日用品、ギフトカードなどの金券など、幅広い交換商品が用意されています。

なかでも人気の商品は、金券や商品券、チャージ済みの電子マネーなど。交換した後は自分の好きな時に好きなものを買うことができるからです。このほか、テーマパークや映画のチケットなどもあります。

商品については、交換時に商品を直接選ぶ形式と、カタログギフトに交換する形式とがあります。商品にはグルメから家電まで幅広い商品がありますが、高額な商品はかなり多くのポイントが必要となるため、カードの利用金額が多い人でないとねらうのは難しいでしょう。

例えば、「JCBカード」の「Oki Dokiポイント」は1,000円利用につき1ポイント貯まります。しかし、このポイントで家電製品に交換しようとしても、数千ポイントが必要となってしまい、クレジット利用額が多くないといつまでも必要ポイントに届きません。年間の利用金額に応じた商品を目標にするようにしましよう。

商品に交換する場合、交換手続き後、商品が登録住所に直接届きます。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック