本文へジャンプします。


現在位置:> > > クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの違いは?

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

クレカとデビット、プリカの違いと特徴を解説

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの違いは?

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの違いは?

現金以外の決済方法として、クレジットカードのほかに、デビットカードやプリペイドカードも利用されるようになりました。どのカードにも国際ブランドマークがあり、同じように加盟店で支払いに使えますが、この3つにはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴と使い分け方について解説します。

<目次>
そもそもクレジットとデビットとプリペイドの違いは?
デビットカードは銀行口座から直接決済するカード
プリペイドカードにはどんなものがある?
デビットやプリペイドはクレジットの代用になる?
クレジットとデビット、プリペイドはどう使い分ける?

そもそもクレジットとデビットとプリペイドの違いは?

クレジットカードと、デビットカード、プリペイドカード。これらは同じように代金の支払いに使うことができますが、違いはどこにあるのでしょうか。

クレジットカードは、商品やサービスの購入代金を、まとめて後払いをすることができるカードです。そのため、カード発行には、支払い能力の有無について所定の審査が行われます。また、支払い方法は1回払いだけでなく、分割払いもできます。

対してデビットカードは、代金を登録している銀行口座から即時引き落としを行うカードです。プリペイドカードでは、事前に一定の金額をチャージしておき、利用時にカードから代金分が引き落とされます。どちらも、決済時に一括で支払いが完結する方式のカードです。

デビットカードやプリペイドカードにはVISAなどの国際ブランドが付帯しているものもあります。その場合には、クレジットカードの加盟店で、クレジットカードとほぼ同じように利用可能です。

デビットカードは銀行口座から直接決済するカード

デビットカードについて詳しくみていきましょう。
デビットカードは、銀行口座から即時引き落としができるカードです。デビットのしくみには2種類があります。金融機関のキャッシュカードをデビットカードとしても利用するJ-Debitと、クレジットの国際ブランドと提携した専用のキャッシュカードで利用するブランドデビットです。

日本では当初J-Debitが普及しましたが、ブランドデビットの登場により、現在では多くの金融機関がブランドデビット機能付きのキャッシュカードを発行しています。

日本では、VISAとJCBのブランドデビットカードが発行されています。ブランドデビットカードの場合、クレジットカードの加盟店で、一部サービスを除きクレジットとほぼ同じように使えます。利用限度額は銀行の口座残高となるため、カード発行に審査はありません。また、発行条件は引き落とし先となる銀行の規定により異なりますが、おおむね15歳〜18歳以上となっており、収入の有無は問われません。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック