本文へジャンプします。


現在位置:> > > 付帯保険って?クレジットカードの海外旅行保険を賢く使いこなす

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

クレジットカードを付帯保険で選ぼう

付帯保険って?クレジットカードの海外旅行保険を賢く使いこなす

付帯保険って?クレジットカードの海外旅行保険を賢く使いこなす

クレジットカードを選ぶ際、どこに注目して選んでいますか。年会費、還元率でしょうか。クレジットカード選びは年会費や還元率の比較だけでは不十分です。クレジットカードを賢く使いこなすために知っておきたい、付帯保険についてご紹介します。

<目次>
クレジットカードにおける付帯保険とは?
クレジットカードの海外旅行保険とは?
「自動付帯」と「利用付帯」の違いをチェック!
「複数枚のカード」を持てば補償を手厚くできる!
年会費無料で海外旅行保険が使えるおすすめクレジットカード

クレジットカードにおける付帯保険とは?

クレジットカードの付帯保険とは、クレジットカードを所持することによって付与される保険のことです。疾病・死亡に関する保険や賠償責任保険、海外旅行保険、ショッピング保険、航空機遅延保険など、クレジットカード会社各社ではさまざまな付帯保険が展開されています。

なお、ショッピング保険をのぞいた疾病や死亡、賠償に関する保険は、旅行中のトラブルに関するものです。海外旅行保険は、特に海外旅行中のトラブルに関する保険のことを指します。ショッピング保険は、現金などの一部をのぞいて、カードで購入したものが事故などで損害を受けたときの保険です。クレジットカード会社によっては、盗難もショッピング保険の範囲内に含まれる場合があります。

各保険の補償額はクレジットカード会社やクレジットカードのグレードによっても異なりますが、三井住友クラシックカードであれば海外旅行中の死亡または障害で2,000万円まで。JCBゴールドカードなら海外旅行中の損害賠償で1億円まで、ショッピング保険は年間500万円までの補償があります。クレジットカードの付帯保険もあなどれません。

クレジットカードの海外旅行保険とは?

クレジットカードの海外旅行保険があれば大丈夫だというのはいささか安心し過ぎかもしれません。確かに海外旅行中のトラブルを補償してくれる点で魅力的ですが、クレジットカードの海外旅行保険だけではカバーできる部分に限りがあります。

保険会社の海外旅行保険とクレジットカードの海外旅行保険の大きな違いが、補償金額とサポート。海外渡航で高額請求が予想される治療費は、クレジットカードが50万円や300万円を限度にしているのに対し、保険会社では無制限など、より高額に設定されています。また、電話でのサポートは可能でも、その場の対処はクレジットカードの海外旅行保険の場合自分でしなくてはなりません。

補償期間が90日前後と短い、基本的には保険金は治療費を自身で立て替えて帰国後に受け取るということ、そして傷害死亡の補償はあっても疾病死亡の補償がないという面から考えると、クレジットカードの海外旅行保険は長期よりも短期滞在向けだということが分かります。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック