本文へジャンプします。


現在位置:> > > クレジットカードのサイン(署名)の書き方に注意!

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

クレジットカードの署名って必要?

クレジットカードのサイン(署名)の書き方に注意!

クレジットカードのサイン(署名)の書き方に注意!

クレジットカードを手にしたときに最初にすることは何でしょうか?
どんなカードでも同じですが、まずは自分の名前に間違いがないかどうか。そして「サインをすること」が重要なのです!
「サインする意味って?」「日本語でいいの?」など、今回は、クレジットカードのサインに関する疑問を解決しましょう。

<目次>
サインを書く意味とは?
裏面の書き方Q&A

サインを書く意味とは?

買い物時のサインと、裏面のサインを見比べている
クレジットカードは、家族カードを除き基本的に「クレジットカードに記載されている本人」が使うことが原則として決められています。
最近は、時間短縮のため端末を使って暗証番号で本人確認をするお店も増えましたが、お店でカード決済をする際には、確認のためにレシートにサインをするのが基本です。これは、レシートに記載した筆跡と、カードの裏面に書いてあるサインが同じかどうか。お店の人がチェックをしているというわけです。

サインなしだとどうなるの?
では、もしもクレジットカードの裏面にサインをしていないカードを支払いに使おうとした場合はどうなるでしょうか?
この場合、お店の人に「クレジットカードの署名欄にサインをしてください」と言われ、そのままでは使用できません。お店でも、サインのないクレジットカードは決済不可と決められているのです。

例えば、端末を使った暗証番号を入力して決済をする方法を推進しているお店でも、署名欄にサインがあるかは確認しています。サインをしていない場合は、書くように求められますので注意しておきましょう。

日本では、現金での支払いも多いですが、クレジットカードで支払うのが基本的な海外では、署名欄にサインのないクレジットカードを使おうとすると「盗んだカードなのでは?」と疑われてしまうこともあります。

基本的に、クレジットカードにはサインをしていないと使えないと考え、カードが手元に届いたらすぐにサインをしましょう!

サインなしだと補償されないケースも
サインをしないとクレジットカードを利用できない…だけならまだいいのですが、実はサインをしていないと万が一の際に大変な事態を招きます。

クレジットカードを紛失してしまった場合、サインがないカードは不正利用がされやすいといえます。理由は明確で、前述したようにお店の人はクレジットカードの署名欄のサインとレシートのサインを見比べて使用できるかの判断をしています。
つまり、サインがないカードならば、クレジットカードを拾った悪意ある第三者が署名欄にサインをすれば同じ筆跡で使用できるということになります。

また、「裏面にサインがされていないクレジットカードは、盗難・紛失の際に不正利用があったとしても補償の対象外とする」とクレジットカード発行会社が注意を促し、クレジットカードの案内にも記載しているケースもあります。

基本的にクレジットカードには、「盗難保険」がついているため、盗難・紛失時に不正利用があった場合はその金額を支払う必要がありません。
しかし、クレジットカードへのサインを怠ったために補償の対象外となってしまい、自分が使用しておらず、品物もないのに支払わなくてはならないという最悪な事態を招いてしまうことがあります。

サインをするのは1分もかからないでしょう。必要事項を確認し、サインを必ずしてからクレジットカードを利用するようにしましょう。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック