本文へジャンプします。


現在位置:> > > クレジットカードの解約方法と損をしないための注意点まとめ

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

クレジットカードの解約方法と注意点

クレジットカードの解約方法と損をしないための注意点まとめ

クレジットカードの解約方法と損をしないための注意点まとめ

クレジットカードの具体的な解約方法と解約する前に知っておきたい注意点をご紹介します。知らないうちに損をすることがないよう、解約のタイミングを賢く選ぶコツや、即解約によるデメリットにも触れています。契約中のクレジットカードを解約したいと考えている方は、実際に行動を起こす前に各項目を確認してみましょう。

<目次>
クレジットカードの解約方法は?
解約する前にチェックしたい3つのこと
解約時に注意したい3つのことと解約後にすべきこと

クレジットカードの解約方法は?

クレジットカードを解約したい場合には、基本的に電話かインターネットで、簡単に手続きを済ませることができます。

もっとも手軽な解約方法のひとつとして、クレジットカードの裏面に記載されているカード発行会社の電話番号に連絡するのがオススメです。また、カード会社のカスタマーセンターに電話をし、自動音声に従って解約手続きを完了する方法もあります。
カード会社やカスタマーセンターの営業時間に左右されることなく、手続きを行ないたいという方には、インターネットでの解約申し込みがオススメです。カード会員専用のインターネットサービスに登録していれば、指定ページにログイン後、ネット上で解約手続きを完了することも可能です。

なお、所有しているクレジットカードの種類や、利用状況・未払い残高などによっては、選択できる解約方法が限定される可能性がありますので、注意が必要です。

解約する前にチェックしたい3つのこと

クレジットカードを解約したあとに、「しまった!」と後悔することがないよう、事前に確認しておいたほうがよいことを3つご紹介します。

まず1つ目は、貯まっているポイントが残っていないかという点です。基本的に、クレジットカードを解約した後に、所有しているポイントを利用することはできません。せっかく貯めたポイントを無駄にしてしまわないよう、きちんと使い切ってから解約することをおすすめします。

2つ目は、支払いが済んでいないクレジットの残高がないかという点です。特に、リボ払いや分割払いなど、一括払い以外の支払方法を選択している場合には、残高を正確に確認しておきましょう。クレジットカードを解約するにあたり、未払いの残高があれば、解約時に一括請求される可能性があります。したがって、十分に支払資金が用意できるかどうか、あらかじめ預金残高等を確認しておくことも重要となります。

最後に3つ目として、カードの年会費をいつ支払ったかを確認しておくことも大切です。一度支払った年会費は、基本的に返金されません。もし、年会費を支払ったばかりのタイミングで解約すれば、会員サービスが受けられる権利をほぼ全て放棄することになります。したがって、次の年度更新を迎える直前まで待って解約するのが賢明といえるでしょう。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック