本文へジャンプします。


現在位置:> > > 所得控除とは?その意味と控除額の計算をわかりやすく事例で解説!

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

所得控除の意味と控除額の計算事例

所得控除とは?その意味と控除額の計算をわかりやすく事例で解説!

所得控除とは?その意味と控除額の計算をわかりやすく事例で解説!

所得控除とは何か、所得控除のキホンと所得控除の種類を知ろう

所得控除とは? を知るには、まず「所得税」と「控除」について知る必要があります。

「所得税」は、個人が1月1日〜12月31日までの1年間に得た利益に対して課税されるものです。ここでいう利益とは、「収入」ではなく「所得」のことで、給与所得や事業所得、不動産所得などさまざまな種類の所得が存在します。会社員などの給与収入だけの人の場合は給与所得者となり、所得税は給与からすでに天引きされています。しかしこれは概算の税額で、実際の税額とは異なります。というのも所得控除は考慮されていないのです。

「控除」とは、金銭などを差し引くことです。つまり所得控除とは、所得税からある特定の金額を差し引くこと、となります。

もっと言うと、所得控除とは、家族構成や個人的事情の違いなどからくる担税力(どれだけの税金を負担する力があるか)の違いを考慮して、所得税の計算の際に控除する(特定の金額を差し引く)もの。例えば、年収が同じ人でも、シングルの人と学費のかかる子供のいる人、家族みんなが健康な人と病気がちな人がいる場合などでは、生活にかかる出費額も違うため担税力は異なりますね。

このように、課税の公平性を図るために、個人的事情等を考慮して、所得税を計算するときにその所得から差し引いて課税されないようにする「所得控除」が設けられているのです。

その所得控除は現在14種類。
雑損控除、医療費控除、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、地震保険料控除、寄附金控除、障害者控除、寡婦(夫)控除、勤労学生控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除そして基礎控除です。

これらは4つの区分に分けられます。
@「担税力の低下」を考慮するためのもの
A「社会政策上」の要請によるもの
B「個人的事情」を考慮するためのもの
C「最低生活費を保障」するためのもの

【注目トピックス】


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック