本文へジャンプします。


現在位置:> > > 知らなかった!「ろうきん」と民間の銀行の違いとは

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

何が違う?「ろうきん」と民間銀行

知らなかった!「ろうきん」と民間の銀行の違いとは

「ろうきん」では、どんな商品を取扱ってる?

「ろうきん」の業務内容は、預金やローン・各種サービスなど、民間の銀行とほとんど同じ。「貯める」ための預貯金、「殖やす」ための運用商品、そして「借りる」ための様々なローン商品があります。

日常使いで貯めるなら、「総合口座」や「普通口座」。もちろん給与の振込口座、公共料金等の振替口座、家賃等の送金などとして利用できます。計画的に貯めるなら「定期預金」もありますし、先取り貯蓄が可能なコツコツ積み立て型の「エース預金」および「財形貯蓄」などを利用するのもいいでしょう。

殖やす商品は「投資信託」や「確定拠出年金(企業型・個人型)」「個人向け国債」などがあります。節税効果のあるNISA(少額投資非課税制度)の取扱いもしています。

はたらく人を味方する「ろうきん」は、借りやすさ重視で住宅・結婚・教育資金などさまざまなローンの取扱いをしています。さまざまなキャンペーンも行っているので、定期的にチェックしてみて。例えば、はたらく女性のために住宅ローン金利の優遇や、女子力をアップするグッズのプレゼントなど「女子力・お役立ちキャンペーン」も実施するなど、働く女子だからこその嬉しいキャンペーンもありますよ。

「ろうきん」と民間銀行の違いを知って、上手にメイン口座・サブ口座の使い分けをしたり、キャンペーンを利用したりと、「貯める」「殖やす」「借りる」のすべての面において、ますますマネー美人を目指しちゃいましょう。


■引用元
(*1)http://all.rokin.or.jp/news/documents/20170221_balance.pdf
(*2)http://chuo.rokin.com/tameru_fuyasu/kinri.html

<前へ   1  2  3 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック