本文へジャンプします。


現在位置:> > > 知らなかった!「ろうきん」と民間の銀行の違いとは

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

何が違う?「ろうきん」と民間銀行

知らなかった!「ろうきん」と民間の銀行の違いとは

「ろうきん」って民間の銀行よりおトク?

営利を目的としない「ろうきん」。その嬉しいサービスのひとつが手数料でしょう。「ろうきん」では、取扱い時間や曜日に関係なくATM利用料が無料です。夜間および土日の利用でも手数料がかからないのは、日頃忙しくしている人にはとても助かりますね。

また、「ろうきん」のカードはMICS加盟の銀行・信用金庫・ゆうちょ銀行・セブン銀行・イオン銀行・コンビニのATMでも利用可能。取引きの内容が「引出し」なら、いったんATM利用手数料は徴収されるものの、引き出した口座に徴収された手数料が即座にキャッシュバックされるというサービスをしています。つまり、実質タダということなのです。この場合も時間外・土日・祝日に関係なくキャッシュバックしてくれます。


「ろうきん」が取扱っている普通預金および貯蓄預金(100万円未満の場合)の金利は0.01%(2017年2月現在)で、一般的な銀行と同じ。でも手数料を含めて考えると「ろうきん」は断然おトクでしょう。100万円が口座にあるなら1年後の利息は100円(税引き後)ですね(*2)。いつお金を引出ししても手数料が不要な「ろうきん」と、ほかの銀行で時間外にATMから引出しをすることを考えると、実質利回りは「ろうきん」の方が断然高くなります。

手数料の面では他にも嬉しいサービスがあります。「ろうきん」では借りているローンを繰上返済する場合の手数料が要りません。銀行によっても異なりますが、繰上返済をするとローンの金利タイプや返済額に応じて5千円〜3万円程度かかるのが一般的。「ろうきん」では一部繰上返済の回数にも制限がないので、ボーナスや臨時収入が入る度に一部繰上返済をすれば、その繰上部分にかかるはずだった利息の支払いがなくなり、返済期間も短縮されます。総して支払うべき利息額が少なくなるのは家計にも助かりますね。

また、友の会の会員となることでお祝い金などがもらえるサービスも。「普段使い」「貯める」「借りる」などの長いお付き合いをすることでどんどんおトクを得られそうです。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック