本文へジャンプします。


現在位置:> > > ゆうちょと都市銀行ってどう違うの? それぞれのサービスを解説

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

ゆうちょと都市銀行を比較!それぞれの優れている点は?

ゆうちょと都市銀行ってどう違うの? それぞれのサービスを解説

ゆうちょと都市銀行ってどう違うの? それぞれのサービスを解説

身近にある銀行としての代表「ゆうちょ銀行」。それに対し、首都圏に本拠を置き、全国展開して多岐にわたるサービスを提供する「都市銀行」。違いをよくわかっているつもりでも、どちらが自分に合っているのかわからないと言う人も多いのでは?それぞれの提供するサービスを確認していきましょう。

<目次>
いまさら聞けないゆうちょ銀行と銀行の違い
ゆうちょ銀行の優れている点は?
都市銀行の優れている点は?
自分が口座を開くならどちらの銀行を選べばよい?

いまさら聞けないゆうちょ銀行と銀行の違い

「郵便局」が民営化され、2007年10月に誕生したゆうちょ銀行。それまでも「ゆうちょ」という名前は良く耳にしていたはず。郵便局の貯金窓口で郵便貯金の業務取扱いをしていました。民営化されてから、これらの業務はゆうちょ銀行の店舗およびゆうちょ銀行が委託する郵便局の貯金窓口で行われています。

それまでに取扱いされていた郵便局の金融商品の多くを、ゆうちょ銀行が引き継ぎ、取扱いしています。民営化から9年以上経過した現在、普通の銀行と変わりなく運営されているように見えますね。でも、ゆうちょ銀行と普通の銀行では、違うことがあるのです。

まず挙げられるのは、取扱っている金融商品の呼び名。銀行では預けるお金のことを「預金」と言いますね。「普通預金」「定期預金」「貯蓄預金」など、それぞれ仕組みは違っていても預金という名前で呼ばれています。一方のゆうちょ銀行は「貯金」。「通常貯金」「定期貯金」「通常貯蓄貯金」など、仕組みはそれぞれ普通銀行のそれと同じようでも呼び名は貯金で統一されています。民営化以前から使っている貯金という呼び名をそのまま使っているのです。

もうひとつ、大きな違いを知っておきましょう。銀行はできるだけ多くのお金を集めるために、日々営業努力をしています。当然ながら個人から集めるお金にも限度額は設けていません。ところがゆうちょ銀行の貯金では、1人につき預入れ可能な金額(預入限度額)が定められているのです。「通常貯金」、「定額貯金」、「定期貯金」等、合わせて1,300万円までが限度。なお財形貯金は別途限度額が定められています。この限度額は民営化前に預入した郵便貯金も含まれており、民営化後のゆうちょ銀行で別途1,000万円まで預入可能なわけではありません。例えば民営化前の定期貯金が100万円ある場合、それが満期を迎えるまでの間、ゆうちょ銀行では 1100万円まで預け入れることができるということなのです(*1)。

ゆうちょ銀行の優れている点

ゆうちょ銀行の最大の強みは、なんといっても全国に広がるネットワークでしょう。ゆうちょ銀行自体の店舗だけでなく、ゆうちょ銀行が委託する郵便局の貯金窓口でも取扱いをしているのが強みです。2016年3月末現在、全国総店舗数はゆうちょ銀行と郵便局を合わせて24,113店。ATMは全国で約27,314台設置されています(ゆうちょ銀行ディスクロージャー誌2016参照)(*2)。

ATMの利用に関しても、ゆうちょ銀行は魅力を誇ります。ほかの金融機関口座への振込を除いて、曜日・時間帯にかかわらず利用手数料はかかりません。残業後の遅い時間や、週末旅行で出かけた時などでも、ゆうちょ銀行ならATMでお金を引き出しても手数料が無料なのは、とても嬉しいことです。

ATMの取扱いを提携している金融機関の数も多く、またコンビニでも利用可能なのも便利です。とくに、ファミリーマートでは手数料無料でゆうちょ銀行ATMが利用できるなど、ATM手数料に関してはほかの銀行より優れていると言えるでしょう。2017年現在、首都圏・関西圏の約500店舗に設置済みでさらに、全国の約3,000店舗に順次設置中されています(*3)。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック