本文へジャンプします。


現在位置:> > > 源泉徴収票ってなに?どうやって読むの? いつ使うの?

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

源泉徴収票と納税のキホン

源泉徴収票ってなに?どうやって読むの? いつ使うの?

源泉徴収票ってなに?どうやって読むの? いつ使うの?

源泉徴収票で知る、自分が支払っている所得税額

年末になると会社からもらえる源泉徴収票。なんとなく確定申告の際に必要なものだとか、税金に関係するものだということは知っているけれど、実はよくわかっていないという人は少なくありません。

源泉徴収とは、企業が社員の代わりに、各社員のお給料から所得税を前もって天引きし、国などに支払う制度のことを言います。

源泉徴収はサラリーマンに支払われる給与だけでなく、個人事業主に対して支払われる原稿料やデザイン料、弁護士や税理士への報酬、利子や配当なども、対象となります。個人が1年間(1月1日〜12月31日)に得た収入に対して国に支払う所得税を、勤務先や発注先が、あらかじめ給料や報酬から差し引いて国に納めておいてくれるのです。支払いを受ける側が個人の場合のみ、必要な手続きなので、会社同士のやりとりの場合は不要です。

企業や事業主以外にも、学校や官公庁など、給与を支払う側の立場なら誰しも源泉徴収義務が発生します。支払う側が支払いを受ける側に代わって、所得税を国に納めることは「源泉徴収義務者制度」によって定められています。源泉徴収は、毎月行われるもので、支払いが発生した翌月10日までに会社が税務署に納める仕組みになっています。

源泉徴収の金額は、1年間の収入を予想し、その金額だけでなく扶養家族の数なども考慮された上で決まります。あくまでも予想なので、実際の収入と予想金額には差異が生じることが多く、源泉徴収は所得税の仮払いと言えます。また、生命保険料を支払った場合の控除など、控除が可能な金額についても差異が生まれます。

所得税を1年分まとめて正しい金額に調整するのが、年末調整や確定申告です。調整は、会社員であれば、原則として企業が代わりに年末調整を行うことで完了します。個人事業主など勤務先が定まっていない人の場合は、自分で確定申告を行うことで完了します。年末調整を終えた所得金額などが記載された書類を「源泉徴収票」と言います。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック