本文へジャンプします。


現在位置:> > > マイホーム購入と一生賃貸、どっちがおトク? デメリットは?

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

マイホームと賃貸、どっちがおトク?

マイホーム購入と一生賃貸、どっちがおトク? デメリットは?

マイホーム購入と一生賃貸、どっちがおトク? デメリットは?

マイホームでも賃貸でも、家計の大きな部分を占めるのが住宅費。月々の家賃分の金額で住宅ローンを払う方が良いのではないかと考える人もいるでしょう。確かに住宅を取得する方が資産ができ、将来的にも安心できそうです。マイホームを取得するか一生賃貸で過ごすか、どちらがおトクなのか、メリットやデメリットは? 比較してみました。

<目次>
住宅取得と賃貸のメリット・デメリット
実際に比較してみましょう
費用面・ライフスタイルで比較
資産構成・リスクを比較

住宅取得と賃貸のメリット・デメリット

マイホームでも賃貸でも、家計の大部分を占めるのが住宅費。月々の家賃を払いながら「こんなに払うのならマイホームを取得して、ローンを払うほうがよいのでは?」と考える人も多いのではないでしょうか。一方で、「でも家を買うとローンだけでなく税金などもあるし、大きな負担がのしかかる」という意見もありそうです。我が城を持たず、あえて一生賃貸で過ごすという考えが選択のひとつとしてでき始めた今日この頃。選択を誤らないために、まずはそれぞれのメリットとデメリットを確認してみましょう。

マイホーム取得の一番のメリットはなんといっても「自分の物=資産になる」こと。資産にできれば、将来的にも住む場所に困ることもなくなり、ゆくゆくは家族に財産として残すこともできます。しかし逆に、転勤や転職などで転居が必要になる場合、それがデメリットにもなり得ます。住宅の保有者となることで固定資産税の義務が生じるため、転勤などで住めなくなっても保有している限り税金を支払わなければなりません。

こうなれば、身軽に引越しができるというのが賃貸の最大のメリット。でもやっぱり賃貸物件は他人のもの。壁にポスターやアートなデコレーションを飾るのさえ気を使うところはデメリットになりえるでしょう。

住宅ローン人気ランキングNo.1!金利はもちろん、がん保障も充実の住宅ローンならこちら【PR】

実際に比較してみましょう

様々な仮定に基づいて金銭的なシミュレーションをすることも可能ですが、「どちらがおトクか?」という問いには残念ながら「人それぞれ」と言うしかできません。というのも、住居に求める条件や負担可能額、そして自分の満足度などは人それぞれに異なるからです。

また、現在および将来の家族構成、都会か地方かなどによっても後のマネープランへ影響が変わります。様々な視点から比較検討してみましょう。

【注目トピックス】


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック