本文へジャンプします。


現在位置:> > > 手軽に簡単に借りられるからこそ危険! 気をつけたいキャッシングの落とし穴

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

高い金利がつくキャッシング

手軽に簡単に借りられるからこそ危険! 気をつけたいキャッシングの落とし穴

クレジットカードのリボ払いに注意!

クレジットカードでキャッシングをする場合、支払方法で注意しなければならないのが「リボルビング払い(リボ払い)」です。リボルビング払いは、カード利用回数や利用金額にかかわらず、毎月一定金額を支払うシステム。契約時に毎月の支払金額を設定したら借入残高にかかわらず毎月一定の金額を返済していきます。例えば、1カ月の返済金額を2万円とした場合、借入残高が5万円でも50万円でも毎月2万円ずつ返済していきます。リボ払いで注意しなければならないのは、毎月の返済額が少ないため、利息を払い続けるばかりで、なかなか残高が減らないということにもなりかねないということ。リボルビング払いには、毎月の返済額が変わらずに返済計画が立てやすいというメリットがありますが、使えば使うほど支払い期間が長くなるので、返済期間がどんどん延びてしまうというデメリットもあります。また、リボルビング払いの金利は15%程度と決して低くありません。代金の支払いを引き延ばすリボ払いは一緒の借金。利用金額が多くなれば支払回数が増え、利息が大きくなることを心しておきましょう。

キャッシングの有効な返済方法は?

やむを得ずキャッシングでお金を借りてしまったという人は、少しでも効率よくお金を返済することを考えましょう。例えば、ボーナスが入ったり、いつもよりも多めに残業代が入ったり、旅行がキャンセルになってお金が返ってきたりなど、「臨時収入」が入ったときには、いつもよりも多く返済するようにするとよいでしょう。というのも、いつもより多めにお金を返すことでその分の利息をカットすることができ、結果的に総返済額を少なくすることができるからです。返済方法はとても簡単! 提携先のコンビニのATMや銀行のATMに、キャッシングのカードを入れて希望する金額を挿入するだけ。仕事帰りや買い物帰りにちょっと立ち寄って返すことができるので便利です。残高をまとめて一括で返済することもできますし、好きな金額だけをいれることもできます。返済金額は、利用するATMによって、1万円単位で返済できるところと、1,000円単位で返済できるとことがあります。1,000円単位であれば、ランチ1回分と思って、気軽に返済していけそうですね。
また、利息を早く減らしたいのであれば、できるだけ早いうちに多めに返すのがコツ。利息は借入残高が多いほどついてくるので、多くの金額を借りているときほど利息を減らす効果が大きくなります。臨時収入が入ったときは、ついパーッとと使いたくなるものですが、キャッシングでお金を借りている人は、そこをぐっとこらえて、返済に回しましょう。

<前へ   1  2  3 


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック