本文へジャンプします。


現在位置:> > > 手軽に簡単に借りられるからこそ危険! 気をつけたいキャッシングの落とし穴

初心者さんのお金のジョーシキ 知らないと損する「お金のキホン」

お金のキホン

高い金利がつくキャッシング

手軽に簡単に借りられるからこそ危険! 気をつけたいキャッシングの落とし穴

キャッシングの借入先はさまざま

どうせキャッシングでお金を借りるなら少しでも低い金利のところで借りたいものですが、キャッシングの金利は借入先によって大きく違います。手持ちのカードでカンタンに借り入れができるからという理由でクレジットカードのキャッシングを利用する人も多いようですが、クレジットカードの金利は15〜20%前後と高めに設定されています。これに対して消費者金融のキャッシングを利用した場合はもっと低利で借りられることが多いよう。融資の金利は8〜18%前後に設定されているようです。

消費者金融には、テレビCMでおなじみのアコムやプロミスといった専業系のところのほかにも、三井住友銀行のアットローンや三菱東京UFJ銀行のモビットなど銀行系のところもあります。こちらもCMには力を入れているので、聞いたことがあるところが多いかもしれませんね。実はこういった会社以外にも、オリックス・クレジットやセントラルファイナンスのような信販・流通系、さらに最近では、楽天クレジットや住信SBIネット銀行などインターネットを使って申込をするIT系のところも増えてきました。少しでも有利な条件で借りるためには、比較することが大切。借りるときは気軽な気持ちでもあとから返すことを考えると、慎重に選びたいものですね。

クレジットカードキャッシングの罠

キャッシングの借入先はさまざまですが、中でも身近なのがクレジットカードのキャッシング。手持ちのカードをATMに入れて簡単な操作をするだけでお金が引き出せるのであまり深く考えないで利用している人も多いよう。高い利息を支払うために翌月以降のやりくりが難しくなり、キャッシングを繰り返すということにもなりかねません。クレジットカードのキャッシングを利用する人に多いのが、定期などの貯蓄は別に持っていながら、日常のお金が足りなくて借りてしまうというケース。これではせっかく大切に育てた定期預金の利息も水の泡となってしまいます。消費者金融の窓口に行くのは抵抗があっても、ショッピングモールや駅などで「ちょっとお金が足りないな」とATMで1〜2万円のキャッシングを利用した経験を持つ人は多いのではないでしょうか。先ほどもお話ししたように、お金を借りる行為には金利がつきもの。お金と上手に付き合うためには、「利息を払うのはもったいない」というコスト意識を持つことです。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック